Tag Archive for 26年6月号

岸田外務大臣講演会

講演会の様子。
新入生だけでなく、他学年の生徒も集まり、岸田外相の言葉へ耳を傾けた。


 去る5月26日、辞達学会(弁論部)の主催による新入生歓迎会が催され、講師として現外務大臣を務める岸田文雄衆議院議員が招かれた。講演会のテーマは「日本の外交について」。早朝にもかかわらず、100人ほどの学生が集まった。講演では外務大臣の仕事の大変さ、何カ国もの国に訪問していること、最後に一国の力では平和や繁栄を守れないという事を認識するべきであると述べた。
Read more

第七回 学生図鑑 新濱 彩代 さん

法学部政治学科1年 新濱 彩代 さん


 学生図鑑第七回目の今回紹介するのは、法学部政治学科1年の新濱彩代さん。彼女の特徴として一番にあげられるのが、その表情からも分かるように元気なところである。さらに彼女は徳島県の出身ということで、関西弁によく似た方言で話す。

Read more

波紋

 雨が降り続ける。どんよりとした雲の隙間から時折見える太陽は、すぐに顔を引っ込めてしまう。毎年変わらず訪れる梅雨の季節。不安定な気候と止まない雨に、心持ち憂うつな気分になる◆思えばもう、6月も半ばを過ぎた。春学期も残り1カ月余りとなり、月日の流れの早さに今一度驚かされる。大学4年間は短い、と皆が口を揃えて言うのも不思議ではない◆入学式から始まり、中大の風物詩である、ペデ下でのサークルの新入生勧誘活動や、履修登録で目まぐるしかった4月。新しい環境に身を置いて、心もとなく感じ、悩みを抱えた人も多かろう◆「五月病」と呼ばれる季節を過ぎれば、大学内は色めき立つ。大学生活に慣れてきた男女が交際を始めるという。「6月パニック」、略して「6パニ」とは誰が名付けたものか。噂の通り、カップルが増える光景を目の当たりにしてきた。じめじめした気分が、「6パニ」で少しでも晴れるだろうか◆梅雨が過ぎれば夏が来る。うっとうしいほどの暑さを嘆きながらも、幼い頃から相も変わらず夏休みだけは、待ち遠しい。その楽しみの前に、学期末試験が立ちはだかる。単位の心配をしながら、気分は再び憂うつになるだろう。空から降り注ぐ蝉時雨を聞きながら。