Tag Archive for 駿河台の記者たち

駿河台の記者たち㉞

駿河台の記者たち[34]

長瀬千年・作

 

国会突入

 志郎が警視庁に電話を入れると、交換手から回った電話に警備部長と名乗る男が出た。志郎は2件の取材妨害の内容を説明し、相手の見解をただした。

「あの日、特別にそのような指令は出していません」
「しかし、一般紙の記者はそのままで、大学新聞の私だけが差別されたんですよ」
「その辺の事情は、私には分かりません。いずれにしても、新聞協会の加盟章がなければ、一般通行人並みの扱いです」

「あなたの氏名を教えてください」
「いいですよ」
 志郎は国会前で撮影した、装甲車上で取材する報道各社の写真を使い、2段見出し「本紙記者ら、デモ取材を制限さる」を掲載した。もちろん、末尾には警視庁警備部長の氏名入りの談話も入れた。

 警視庁公安部が中大新聞を読んでいるかどうか、さらにこの2段見出しの記事にどう反応したかどうか、志郎らには分からない。

 ただ岸内閣の指揮下の警察権力が、安保反対の大衆行動を過敏に抑制する動きに、大学新聞として及ばずながら一矢を報いた形に、志郎は「してやったり」と興奮した。

 警官隊導入によって、衆院で〈新安保〉が可決された日を境に、国民の安保反対運動は一気に盛り上がった。国会を取り巻くデモが日常化し、そのエネルギーは全国へ波及した。年端もいかない幼い子まで、街角で「アンポ・ハンタイ」とまねるようになった、とマスコミは伝えた。

 中大自治会の反安保の決起集会も、それまでの大講堂から大衆的な中庭に移された。中庭を取り囲む4階建て校舎3棟と、9階建て大学本部・教官研究室は、マイクの大音響「安保粉砕」「岸内閣打倒」「アメリカ帝国主義打倒」にさらされることになった。

「安保闘争の中で、いま本気で頑張っているのは、全学連である。あすの日本は、諸君らの手で勝ち取れ。国会を何重にも取り巻き、新安保を打ち砕け!」

 180㌢の長身から発する大声で、ひときわ学生の心を揺さぶったのが、評論家の清水幾太郎だった。著書『社会学講義』や『論文の書き方』で、当時の若者に最も大きな影響を与えていた。

 自治会の国会デモは、20日のあと23日と26日へ続いた。
「国会へ怒りの波/26日『安保反対』最高潮/本学から2千人が参加」

 中大新聞の1面トップ、4段見出しである。その隣に次の3段見出しが続いた。
「大学教授らも初抗議団/本学は石原(商)教授ら10人」
 安保阻止第16次統一行動の最終日のこの日、国会デモに約17万人が押しかけた。

駿河台の記者たち㉝

駿河台の記者たち[33]

長瀬千年・作

 

国会突入

 だが、自治会担当の志郎らは早朝から、国民会議統一行動の国会デモの取材である。志郎は雨の中、昼自治会主流派の5百人と、全学連主流派に合流した。新安保強行採決で学生たちは殺気立ち、初めて参加した日本女子大など女子たちも、びしょぬれになって「安保粉砕!」を叫んだ。
Read more

駿河台の記者たち㉜

駿河台の記者たち[32]

長瀬千年・作

 

国会突入

2 
 もう1つ、こちらの論争は感情的というより、マルクス・レーニンから発する理論の対立のように受け取れた。それにしても、活動家がまくしたてた言葉の内容くらいは、これから理解しなければ、と志郎は恥じ入った。

 そうこうしているうちにも、安保阻止闘争の緊迫度が、ビンビン伝わるようになってきた。一般紙は群馬商工連加入商店600軒が、一斉に閉店ストなどと伝える。1千万人の安保反対署名をめざす国民会議の請願デモでは、衆参両院が226万人の署名を受理~などと報道された。
  Read more

駿河台の記者たち㉛

駿河台の記者たち[31]

長瀬千年・作

 

国会突入

1  
 編集会議から広告取り、新聞製作の立会いから販売まで、中大新聞の10日間ごとの作業をひと通り体験した新人たちは、各担当部署ごとに本格的な取材活動に組み込まれた。

 自治会担当の志朗と玉川は、2年生の今図にくっついて自治会室へ。3号館校舎前の道路を挟んだ、木造2階建てである。学生生協が入っており、その一角の1階手前が昼自治会。その奥が夜自治会だった。
Read more

駿河台の記者たち㉚

駿河台の記者たち[30]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞

13
 お目当てのビア・ホールは、〈ミュンヘン〉と言った。実は志朗がアルコールを口にするのは、この時が2度目。中学以来の友3人が東京の大学受験で合格したので、その1人の歯科医宅が祝ってくれ、親元を離れる子に自立の覚悟を~と、ビールを出された。志朗は恐る恐る口を付けたが、苦くて飲めなかった。その時、「こんなもの、2度と飲むものか]、と強く心に決めていた。
Read more

駿河台の記者たち㉙

駿河台の記者たち[29]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞

12
 午後はこんどは工場で、活版のおじさんと1ページずつ大組である。活字は逆さ文字だから読みにくいはずなのに、優内編集長らベテランは、用意した紙面割の設計図をおじさんに見せ、まるで逆さ文字が読めるかのように、見出しの位置や記事の流れ具合を手際よく指示して見せた。
 志郎を除く新人たちは、不思議な顔で見守るばかりである。

 組み上がった大刷りを1ページずつ丹念に校閲したら、あとは印刷部門任せ。午後4時ころ、高速輪転機から最初の刷り出しが出てきた。刷られた新聞は、まだ生温かい。優内らが見出しや写真に間違いがないか、その場で開いて最終点検する。最後に優内が指示した。

「ご苦労さん。あとはタクシー2台に分乗して運ぼう。残りの人は一緒に、都電で会室へ戻って」
 新聞の梱包は、工場出口で6個渡された。毎号6千部を刷っているという。志朗らがタクシーで会室に着くと、午後5時すぎだった。

「よし、新聞の販売はあすにしよう。きょうは皆で、ビールを飲みに行くぞ」
 伊沙山の声に、朝から工場で働いた新人たちに、笑顔がこぼれた。
「ちょっと待って。その前にあすの立ち売り用のポスターだけ、書いておくから」

 伊田取材部長が、墨汁を出して大紙にさらさらと書き出した。
〈中大新聞5月5日号/本日発売/1部10円〉
 その新聞の宣伝文句は~。

① 由木村校地買収・約33万平方㍍、大学発展へ遠大な計画
② [安保阻止]昼自=13日国会へ/夜自=14日授業放棄へ
③ 李承晩独裁政権・崩壊の教訓~大原光憲(法)助教授
④ 私の研究(外交史)~田村幸策(法)教授

 トップ記事の〈由木村の校地買収〉は、それから18年後の1978年に、八王子市に大学ごと移転する多摩キャンパスである。この時、大学は初めて村と第1次契約を終えたのだ。志朗はもちろん他の学生も、よもやこの土地へ中央大学がそっくり移転するとは、想像さえしなかった。

 さて、ビール会である。全員が御茶ノ水駅から電車に乗った。有楽町駅で降り、朝日新聞東京本社と背中合わせの日本劇場に出た。その日比谷通り向かい側のビルの地下が、目的のビアホールだという。

「あすから、9回目の日劇ウエスタン・カーニバルが開かれるんだ。この前、おれ観てきたんだ。すごかったよ」
 日劇の入り口前を通る時、2年生新人の小沢が興奮気味に声を上げた。

 このころ日本で初めてロカビリーが大流行し、東京の日劇には若者が1日に9千人も詰めかけた。岐阜育ちで流行に疎い志朗は知らなかったが、ロックンロールとヒルビリー(カントリー音楽の別称)を融合させた、ポピュラー音楽だという。ミッキーカーチス、平尾昌晃、山下敬二郎らが舞台狭しと熱演し、観客は興奮のるつぼと化した~と、新聞で読んだことを思い出した。
―――つづく=毎週水曜日に更新します

駿河台の記者たち㉘

駿河台の記者たち[28]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞

11
黄金週間が明けた最初の日曜日、新聞学会の新入会員歓迎会で、志朗らは上野から電車で埼玉県長瀞に向かった。新人は2年生2人と、1年生5人。対する現役は4年生の会計、3年生の編集長と取材部長、それに2年生1人だ。

「まだ入会して5日目。そのうち2日間は旗日だったんだよ。それなのに、遠出の歓迎会とは豪勢だね」
「これからは、忙しくて授業に出られないというから、おれたちを今のうち、甘い汁でつなぎとめようということなんじゃないの?」

 途中、熊谷で乗り換えた秩父鉄道の車内。制服姿の1年生の男が4人掛けの座席に収まり、入会したばかりの新聞学会について、あれこれ詮索(せんさく)している。同じ1年生でも女子1人の坂田は、新人の2年生2人の席で、何やら話し込んでいる。
  Read more

駿河台の記者たち㉗

駿河台の記者たち[27]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞

10
「2面のもう一本の依頼原稿、連載の『私の研究』はどうなっている?」
「法学部教授の田村幸策〈外交史〉で、もう届いてます」
「あぁ、我々の顧問ね。次回だったのか。内容は分かり易い?」
「まぁ、まぁです」
Read more

駿河台の記者たち㉖

駿河台の記者たち[26]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞


 次いで2年生の今図が▼安保阻止の5・14統一行行動に向け、昼・夜自治会の各討議内容とスケジュール▼青年像建立資金へ寄付1件(5千円)を報告した。

 青年像資金の寄付とは、 駿河台キャンパスの殺風景な中庭に、 シンボル像を建立するための学内キャンぺーン。始まったのは2年前、中大新聞が創刊500号記念で学生歌の歌詞を募集。1席入選の学生(法2)が賞金1万円を基金にし、募金100万円を目標に青年像の建立を呼びかけたのだ。

 最後は伊沙山。4年生らしく就職戦線の動きとして、人事部から得た会社説明会の日程だった。 さらに付け加えた。
「コラム『波紋』は、おいらが書くよ。テーマは、春のうららに揺れるわがキャンパス。大学移転計画も視野に入れた、一種の恨み節をね」
Read more

駿河台の記者たち㉕

駿河台の記者たち[25]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞

8
 これに対し1年生は、 志朗も含めて詰め襟の学生服だから、いかにも自信なさそうに映った。 実際に4人とも、自分の名前と出身地を名乗るのが精いっぱい。 「青森の原田です」「富山の玉川」「群馬の塩野」「岐阜の流です」と、わずかに名乗っただけだった。だが、ブレザーにスカートのぽっちゃり型の女子は、「経済学部の坂田恵美子」のあと、さらに続けた。

「私、卒業後は新聞社に就職したい、と思っています。ですから、横浜の親元から通学はしていますが、必要があれば夜も終電まで皆さんと一緒にがんばります。よろしくご指導ください」
志朗ら1年生の男は出し抜かれた形で、いよいよ寡黙を続けるほかなかった。
Read more