Archive for 未分類

駿河台の記者たち㉓

駿河台の記者たち[23]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞

すると、取材担当の井多がピリリと締めてきた。
「活動の内容は取材に原稿書き、その合間に広告取りに紙面編集、印刷工場で活版組の立ち合い。さらに新聞の立ち売りもあります。10日に1度、これだけの作業を繰り返すわけだから、まず授業には出られないと、覚悟してもらわなければなりません」

 志朗が質問した。
「そのつど、出欠を取られる英語やドイツ語、それに体育もですか」
「それは授業開始の出欠の点呼の際、代わりに返事を
してくれる友人を、確保してもらうことだね」

 さらに編集長が、面接の最後を締めくくるようにまとめた。
「授業に出られる時には、積極的に出てほしい。ただ新聞学会で活動していれば、大先輩の長谷川如是開や有名な文筆家、教授らに原稿依頼などで会えます。他の学生には真似できない、生きた社会勉強が出来ますよ」

 さすが編集長、うまいところを攻めて来る。
「どうです? 授業に出られないことがあっても、 後悔しないで活動していく自信、ありますか?」

 問われた志朗は考えた。長谷川如是閑は明治・大正・昭和を生き抜く、 日本の代表的なジャーナリストで思想家。文化勲章も得ているが、中央大学の前身、英吉利(イギリス)法律学校を出た大先輩とは知らなかった。 原稿依頼を通して会えるかも知れないと言われ、志朗の腹は決まった。

「授業は何とか、やりくりします。後悔もしません。入会させてください」
 志朗はありったけのヤル気を示した。 面接の好感度はまず及第点と自己採点したが、それにしても学科試験のあの出来では、どう考えても合格できるはずはない。 会室を出た志朗は落ち込んだ。

 その夜、間借りの2階で食事をしていると、下から大家の声がかかった。
「電報ですよ~」
「おや、どこからかしら?」
「もしかしたら、ぼく宛てかもしれん」

 中大新聞の入会試験の結果だと直感した志朗は、一緒に夕食を取っていた隣室の亜津子を制止、 階段を駆け下りた。そうそう、ここで一つ説明しておかなければならない。
 志朗が兄の美津夫と同居している部屋は、東京・中野の2階6畳間だが、 以前から兄は襖越し8畳間の姉妹と共同で生活していた。上京した志朗は、1ヵ月に食費3千円を出して仲間に入れてもらったのだ。 姉妹は淡路島出身で、どちらも勤め人。兄と姉の亜津子は、いずれ結婚する仲であるらしい。

 さて、先に届いた電文は〈シケンゴウカク ゴガツニヒゴゴヨジ ライシツコウ〉。
 思ったとおり、中大新聞学会からだった。それにしても、あの答案の出来具合で合格? 志朗は狐に抓まれたような面持ちで、電文〈2日午後4時、来室乞う〉を読み返した。
Read more

駿河台の記者たち⑱

駿河台の記者たち[18]

長瀬千年・作

 

中央大学新聞

「きのうの国会デモ、新聞は『空前のデモ津波。主催者発表で17万人、警視庁推計でも約6万人』と書いている。岸信介首相は国会内に閉じ込められ、夜10時すぎにようやく脱出したんだって」

 日米安保改定に反対する国民会議の第15次統一行動〈4・26国会デモ〉で、流志朗は初めて全学連主流派のデモに参加。最前列の集団だったため、後ろから押されて機動隊の装甲車を乗り越えて座り込み。警官にゴボウ抜きにされ、警棒で頭を2回殴打された。

 その翌朝、新聞を見た志朗が、興奮さめやらぬ面持ちで、一緒に住む兄の美津夫に話しかけたのだ。
「新聞記事のデモ参加者ほど、数を多く発表したがる主催者と、少なく抑えたい警察発表が異なる数字はない。 参加人数を載せるなら、新聞社が独自に数えろ、と言いたい」
Read more

駿河台の記者たち⑥

駿河台の記者たち[6]

長瀬千年・作

 

プロローグ

 主婦の友社を左に折れた先が、中央大学である。受験で初めて訪れたとき、志朗は「えっ、こんなに狭く、緑も無いの?」と驚いた。晴れて入学となった今、木々に囲まれた明大を見たあとだけに、その印象は一層強くなった。

 問題はまず、キャンパスの敷地だ。南と北に長さ250メートルほど、東と西に150メートルほどの道路に仕切られた場所が、中央大学の中核である。その北側道路の向こう側に、校舎一棟分の幅のスぺースを持つ。この2つが駿河台校舎の敷地のすべてなのだ。

 中核スペースに建つのは、 戦災を免れた茶系の4層建て校舎が「コ」の字型に3棟。その中央に新しぃ赤茶系の10階建てビル、脇にバロック風図書館が窮屈そうに控えている。四方を建物に囲まれた空間は、全面舗装された中庭である。

 北側の道路向こう西端は大講堂で、その東側は学生生協や自治会などが使用する木造二階建てという感じ。ただ、大講堂の北裏の御茶ノ水駅側に、ホテル風の洒落た7階建てビルが控えている。全国の中大OBが利用する中大会館である。
Read more

司法試験合格者 119名

法務省は、2017年9月12日に平成29年の司法試験合格者を発表した。本学法科大学院は、455名(前年比7名減)が受験し、119名(同17名減)が合格した。
本学法科大学院の合格者数は、全体で3位(昨年4位)で、合格率は10位(同7位)だった。
 全体では、5967名が受験し、1543名が合格した。平均合格率は、25.86%で、昨年より2.91ポイント増えた。
Read more

第51回白門祭 熱狂の5日間

第51回白門祭が、11月1日の前夜祭を含め、5日まで、5日間の日程で行われた。来場者は万人(白門祭実行委員会調べ)だった。
Read more

東日本初!証明書コンビニ発行サービス開始

中央大学は10月2日より、東日本で初めてコンビニエンスストアで証明書の発行サービスを開始する。対象のコンビニエンスストアは国内のセブンイレブン、サークルK、サンクス、ファミリーマート、ローソンのマルチコピー機設置店舗である。このサービスを受けることができるのは、在学生では、学部、大学院、専門職大学院の全ての学生(非正規生、通信教育学部の学生は除く)。卒業生は学部などによって対象者が違うので注意が必要だ。
Read more

資料を手元に即時作業 気軽に活用を 図書館PC

中央大学の図書館は236万冊もの蔵書を誇っており、学生たちが学業に励む上で、ある種の中枢となっているのは言うまでもない。レポートや論文の執筆をする際、図書館の資料は非常に重要となってくる。また、資格や試験の学習をするスペースとしても有用であり、毎日多くの学生がここを訪れる。
Read more

前原誠司氏講演会「これからの外交・安全保障」

 10月17日、学術連盟政治学会主催で、民進党の前原誠司氏の講演会が行われた。講演会のテーマは「これからの外交・安全保障」である。 Read more

変わる入試 変わる大学

 今年も中央大学では入学試験がスムーズに行われた。大学受験は文科省の新要領導入で流れが変わりつつあり、中央大学入試もその影響をうけている。入学センター入試課の星野さん、木下さんに詳しく話をうかがった。
Read more

波紋

 先日、戦後70周年の展示会がキャリアセンターの3階で開催された。パネルには戦時下における中央大学の状況が細かに記録されていた。私たちは戦前・戦後について、必ず受動的に思考してしまう。戦後に生まれ育った故に仕方がないのだろう。展示されているパネルを目の前にして、史実として理解し得ても再び言語化する事にはためらいが残る。語りえぬものの前に沈黙してしまう◆パネルを見終わった後、ふと自分の顔がその背後とともにキャリアセンターの窓ガラスに映っている事に気が付く◆ガラスに映る自分や背後のモノたちの後ろに夜景が透けて見える時、自分や背後のモノたちは二つ存在するが、窓ガラスの外から見ても夜景は二つ存在しない。その抜け目のない非対称性の根源は、中と外の明暗の差が所以だ◆少し話がずれてしまったが、現物の自分から窓を見た時、静止画と風景画が重なっているこの状況を上手く利用すれば、異質なものをひとつに編み上げ言語化する事は可能なのかもしれない◆ガラスに映る世界は、光源の具合を少し変えてみるだけで色合いも輪郭も少しずつ変容して行く。目を少しそばめてみるだけでも見え方は異なる。表現の可能性は広がって行く◆表現の可能性が広がる事は、事実が発散してしまう危険性をはらむ。発散した欠片は恣意的に組み上げられ、他者を排撃する手段にもなりうる。各自の倫理観が問われる◆パネルを覗き込んで過ぎ去りし時を思いやる。鼻先が付くほどパネルを覗き込んだ後、遠目から眺めてみる。当たり前のように景色に変わり映えはない。パネルに鼻先の油が付いてしまった事を除いて。