新聞学会について

 中央大学新聞学会は、1928年に創刊した中央大学内で最大規模のメディア系部会です。戦中の一時期を除き、現在に至るまで母校中央大学の今を学生 はじめ多くの方々に提供し続けています。 大学公認としては唯一の学生新聞であり、学内学外の様々な情報を学生の手によって報道し続けています。中央大学の公認部会の中では最も伝統あり、継続して 活動している部会のひとつとして、常に中央大学と共に歩んできました。
現在も「客観、独立、公正」を会是とし、報道による中央大学の発展を目指し活動しています。

主な掲載内容
 学内の諸問題を始め、学生・教職員・部会・イベント・講演会など、中央大学の今を知るための情報を掲載しています。
また、学内記事以外にも学外の著名人、卒業生の活躍、就職活動情報など、多彩な紙面をお送りしています。
なお、体育連盟所属の部会活動は中大スポーツ新聞部の発行する「中大スポーツ」をご覧ください。

発行・配布について
 小紙は大学の長期休暇期間を除いた4-7月及び10-1月に発行しており、発行部数は約8000部となっています。
発行した新聞は中央大学多摩キャンパス内の各学部事務室、生協食堂、学生課、Cスクエア、サークル棟にラックを設置し、無料配布を行っています。 また、卒業生や学外の読者様には定期購読による発送も行っています。

東京都八王子市東中野742-1 中央大学多摩キャンパス4号館4336号室
Tel/Fax : 042-674-2806
お問い合わせはこちら