フォントのススメ

大学生になってパソコンで文書を作る機会が増えた、と感じた経験はないだろうか。Wordを使用してレポートやレジュメを作成する場合や、PowerPointを使用したプレゼンのスライド作成など、考えられる範囲は広い。また、サークルや所属団体によっては、ポスターや告知の書類を作る可能性も考えられる。

 そうした執筆を行う際に考える必要があることの一つに、フォントの選択がある。フォントとは文字のデザインのことであり、パソコンで文字を打つ際にはついて回る存在だ。殆どのパソコンにおいて、初期状態から数多くのフォントが内蔵されている。その一つ一つによって、文字が読者に与える印象は大きく変化する。フォントを使い分けることで、TPOに応じた文書を作成することが可能なのだ。
しかし、数が多いことも相まって、そういったフォントの使い分けは容易なものではない。フォントによって文字幅や使える文字が異なっていることも、この選別を難しくしている。当文面では、そうしたフォントのススメについて、ほんのさわりだけを紹介していきたいと思う。
レポートや社内文書といった、真面目・堅い内容の文書を書く際には、明朝体を使用することが基本である。目にする機会も多く、見慣れているフォントであるだろう。Office製品であれば、「游明朝」や「MS明朝」を選べば間違いはない。このフォントは、線が細く視認性に優れる為、学業や職場でも積極的に用いられる。
ただし、何章にも渡って文章が展開されるなど、長い文書である場合は、全てを明朝体にしてしまうとかえって読みにくい場合がある。その場合は、章のタイトルや見出しをゴシック体にするとよいだろう。これは、明朝体とは対照的に線が太く、部分的な強調に長けるフォントである。ピンポイントな強調には優れるが、その反面このフォントで長文を書くと文面が窮屈になり、読みにくい事態が起こりやすい。使い分けを心がけよう。
逆に、個性的・人の目を引くデザインをくみ上げたい時は、これらのフォントに頼り過ぎないことをお勧めする。どうしても、お堅いフォントであるという印象がついて回ってしまいがちである。標準的なフォント内で、そうした状況下で用いられがちなものにポップ体がある。ゴシック体と並ぶほど線が太く、加えて字体が丸い傾向にある。書類には不向きだが、親しみやすいフォントであると言えるだろう。
また、新しくフォントをインストールすることで、フォント選択の幅を広めることも可能だ。先ほど紹介した明朝体やゴシック体でも、フォントの名前が変わればその雰囲気はガラッと変わる。無料で公開されているものも多いので、ネット上で検索してみるのもおススメである。ただし、新しくインストールしたフォントは、他の媒体では表示されないことがあるので注意が必要である。また、フォント毎に規約が存在しているので、使用前に確認することを忘れないように。
上手く使い分けることで、文章にアクセントを付けることができるフォント。TPOに応じて使いこなしていきたい。

Comments are closed.