駿河台の記者たち⑫

駿河台の記者たち[12]

長瀬千年・作

 

60年安保


 
 それにしても、〈大学ではぜひとも女性と同じクラスで〉と熱望した志朗が、第2外国語の選択時に、〈フランス語はチャラチャラした女が好む言語〉と、拒絶したとは何ごとか。これほど非論理的な、自已矛盾はあるまい。

 実は志朗は高校3年になる時も、女子と同じクラスになるチャンスが十分あったのに、 自ら墓穴を掘ったのだ。
 
高校も3年生になると、大学の進路志望に沿ってクラス替えをした。理数系の教科が極端に苦手な志朗は、当然、私立大しか進めない。それなら女子の志望者もたくさん居て、女子と同じクラスになるチャンスも大きかったのだ。

 だが志朗は、素直に〈私立志望〉としなかった。最初からそうすると、親から〈金のかかる私立なんか、行かせられない〉と、大学進学そのものを否定されかねない、と案じたからだ。そこで、一計をめぐらした。

 つまり、初めは国立大をめざす振りをし、勉強の末に「やっばり私立にしか行けない」とすれば、親も私立行きを認めざるを得まい~と踏んだのだ。

 こうして、志朗は理数系コースを選んだ。もちろん、理数系を選択して国立大をめざす女子は少数だし、もともと籤(くじ)運の悪い志朗だから、当然のごとく男子だけのクラスになったのだ。

 ボ夕ンの掛け違いは続く。理数系コースだから、数学の授業時間が倍增した。仕方なく志朗は、数学の授業中に英語を自習した。いわゆる〈内職〉である。

「流! おまえ、何しとる!」
 授業中に数学教師が志朗の机まで走って来て、両手で志朗の首を締め上げた。生徒1人ずつの数学の点数を上げ、1人でも多くを国立大へ~と必死だから、その数学教師はよほど悔しかったのだろう。

 この時の教師の怒号は、隣の教室にまで届いた。 隣は大学を志望しなぃ人たちのクラスで、女子が半分以上を占める。〈流志朗の首絞められ事件〉は、校内で1番知られたくない女子たちにも、知れ渡ってしまった。

 高校の時にこんな失敗をしているのに、志朗は大学でまた第2外国語をめぐって、何やら1人相撲を取ったのだ。女がチャラチャラ喜ぶフランス語を嫌い、信念をもってドイツ語を選んだのなら、「クラスに女子が居ない」など、女々しぃ泣きごとを言うな。
 とは言え、もちろん志朗はこの時はまだ知るはずもないが、ドイツ語を選択したことによって、実は卒業時にとんでもない事態を招くことになるのだ。それは。これから何年後かのことだが~。

 話が脱線しかけた。ともかく、英語教師が初めて教室にやって来た。冒頭にその教師は言った。
「諸君、この英語のクラスが、学内の基本となる集団、つまり高校時代までのホームルームです。学内の諸手続き時のクラス名や、これからの入学と卒業の記念撮影も、この教室単位で進みます」

「えっ、卒業までずっと?」
 教室が、にわかにざわついた。クラスの女子不在の状態が最後まで続くとなれば、卒業後のクラス会にも女子不在ということだ。あまりにも無慈悲な〈宣告〉だったからである。

 ―――つづく=毎週水曜日に更新します

Comments are closed.