オープンキャンパス開催

昨年度オープンキャンパスの模様

 

 今年度のオープンキャンパスは、多摩キャンパスにて7月21日(日)、28日(日)、8月4日(日)に、また後楽園キャンパスでは7月21日(日)、8月3日(土)に、各々開催される。総合ガイダンスや学部・学科別ガイダンスや模擬授業など、今年も多彩な企画が実施される予定だ。

 
<多摩キャンパス>

 多摩キャンパスでは本年も、毎年好評の模擬授業が開講される。それぞれの学部が様々な工夫を凝らした講義を用意しているので、受験生には必見だ。高校とは違った大学の講義を是非とも体験して貰いたいと思う。
 また、個別相談コーナーや、現役中大生と話すことが出来る企画も設けられている。受験生は大学や大学受験について抱いている不安や疑問を解決して貰いたい。
 その他にも、中央大学の見所の一つでもある多種多様なサークルによる「CHUO LIVE 2013」や、グローバル・ラウンジ体験という、中大の国際交流の拠点を開放するなど、学生生活を先取りできるイベントが満載である。時間の許す限り、様々なイベントに出席して貰いたい。
 イベント以外にも、キャンパスを散歩してみるのもよいし、多摩キャンパスの見所である学食に足を伸ばしてみるのもよいだろう。

 
<後楽園キャンパス>

 一方、理系キャンパスがある後楽園では、大学で行われている最新の研究を味わうことの出来るイベントが満載だ。まず、全学科あわせて100以上の研究室を開放している。
 見学すれば、今後の研究欲が刺激されるだろう。研究室が多すぎて、どこを見学したらよいのか分からないという人は、研究室ガイドツアーを利用することもできる。
 また、今回のオープンキャンパスでは、理系女子へ向けたイベントも多数開催される。8月3日の「理工系女子のチカラ。」では、現役の中大女子学生が、理系女子ならではの悩みに回答していく。先輩とのホンネトークができる数少ない機会なので、是非参加して貰いたい。ただし女子学生限定なので、注意が必要だ。
 その他にも、精密機械工学科が開催する「メカ女の大学生活」では、当学科の女子学生が、研究活動を紹介する。今まで精密機械工学についてあまり知らなかった人も、この分野について理解する良い機会となるだろう。こちらは男子学生も参加可能だ。
 いずれもここでしかできない貴重な体験が出来る、後楽園キャンパスのオープンキャンパスへ是非ご来場願いたい。

 
<ミニオープンキャンパス>

 また「ミニオープンキャンパス」が多摩キャンパスでは10月31日から11月3日まで、また後楽園キャンパスでは11月2日から11月4日まで、白門祭と同時開催される。今回のオープンキャンパスとは違い、「なま」の中大生の空気を味わえるので、時間があればそちらにも立ち寄って見ては如何だろうか。

Comments are closed.