駿河台の記者たち⑥

駿河台の記者たち[6]

長瀬千年・作

 

プロローグ

 主婦の友社を左に折れた先が、中央大学である。受験で初めて訪れたとき、志朗は「えっ、こんなに狭く、緑も無いの?」と驚いた。晴れて入学となった今、木々に囲まれた明大を見たあとだけに、その印象は一層強くなった。

 問題はまず、キャンパスの敷地だ。南と北に長さ250メートルほど、東と西に150メートルほどの道路に仕切られた場所が、中央大学の中核である。その北側道路の向こう側に、校舎一棟分の幅のスぺースを持つ。この2つが駿河台校舎の敷地のすべてなのだ。

 中核スペースに建つのは、 戦災を免れた茶系の4層建て校舎が「コ」の字型に3棟。その中央に新しぃ赤茶系の10階建てビル、脇にバロック風図書館が窮屈そうに控えている。四方を建物に囲まれた空間は、全面舗装された中庭である。

 北側の道路向こう西端は大講堂で、その東側は学生生協や自治会などが使用する木造二階建てという感じ。ただ、大講堂の北裏の御茶ノ水駅側に、ホテル風の洒落た7階建てビルが控えている。全国の中大OBが利用する中大会館である。
Read more

駿河台の記者たち⑤

駿河台の記者たち[5]

長瀬千年・作

 

プロローグ

 ともあれ上京した志朗は、中野の民家の2階に間借りする兄美津男と同居することになった。 兄が勤める主婦の友社も神田駿河台にある。だから志朗は、入学準備の諸手続きのため大学を訪れた1週間前、出勤する兄と連れ立って中野を出た。

 国鉄御茶ノ水駅の改札口は2つある。その朝は新宿寄りのホーム後方階段を上って、兄がいつも使う御茶ノ水橋口に出た。 駅舎のすぐ前が、神田川と国鉄線路を跨ぐその橋だ。

「この川の右側が文京区、左側が千代田区。右のあの白いビルが、東京医科歯科大学と病院。その奥が順天堂大学医学部で、その先に束京大学がある」

 自らを物知りと自認して教えたがる兄は、橋の上で志朗にまずは周辺の基本的な地理を説明した。

 へえー、東大も近いのか。志朗は中学の修学旅行で初めて束京に来て、東大〈赤門〉前の旅館に宿泊した往時を懐かしく思い出した。

「実はな、その昔、神田川は無かったんだ。もともとは北側の本郷台と、南側の駿河台は、地続きの神田山と呼ばれていた。徳川の2代将軍のころ、水害防止用に神田川放水路を掘削、江戸城の外濠も兼ねたんだ。そのとき、いまの地形に変わったんだよ」

 なるほど、そうだったのか。江戸の初期にわざわざ川を掘り、 現代になってその川沿いの崖地に線路を敷いたのか。志朗がこれまで抱いていた、御茶ノ水駅付近の特異な地形の謎が、兄の説明ですべて氷解できた。

 教えたがり屋の兄の説明は続く。

「駿河台という地名はな、放水路が出来たあと駿河、つまり静岡出身の徳川家家臣が多く住むようになった。だから、駿河台と呼ばれるようになったんだ」
Read more

駿河台の記者たち④

駿河台の記者たち[4]

長瀬千年・作

 

プロローグ

 志朗が通うのは中央大学である。特段、この大学を熱望したわけではない。8歳上の兄美津男が、他の私大より授業料が少し安いからという理由で、 この大学を選んで卒業した。だから志朗も同じ大学に進学すると親に言えば、懐に余裕のない親でも、東京への進学を認めざるを得まい、と踏んだのである。

 作戦は図に当たり、志朗は法学部政治学科に進むことになった。中大と言えば、国家試験の最難関・司法試験の合格者数が毎年、東大を抜いて全国でトップである。法曹界に多数の人材を出しているから、世間では〈法科の中央〉として知られている。その中核は法律学科である。

 さすがに志朗は、1番人気の法律学科は不合格だった。しかし、もともと法曹界で身を立てようとも思っていないから、とりたてて不都合はない。そんなことより、志朗が一番うれしいのは、中大の所在地が〈千代田区神田駿河台〉であったことだ。

〈神田〉と言えば、神田明神下で岡っ引きとして活躍した銭形平次親分である。恋女房お静と、子分のガラッ八こと八五郎がからむ捕り物帳は痛快だ。志朗の頭のなかのスクリーンに、早速、長谷川一夫演ずる平次親分が出てきた。
 
 もうひとり、江戸っ子の代表のような魚屋の一心太助もいる。べらんめぇ口調で啖呵(たんか)を切るのは、やはり中村錦之助でなければならない。太助がいつも〈駿河台の殿様〉と慕う天下のご意見番・大久保彦左衛門は、それこそ駿河台に屋敷を構えていた。志朗はうれしくてたまらない。少なくとも、これから卒業するまで、毎日のようにその駿河台に通えるのだ。

「いまでも、大久保彦左衛門の屋敷跡は分かるのだろうか。そのうち調べてみよう」

 子供のころから親や周囲の大人と一緒に、浪曲や講談、漫画本や時代劇映画に慣れ親しんだ志朗だから、江戸時代の地名や登場人物はお手の物である。それに好奇心が強いうえ、好きなことにはどんな苦労も厭(いと)わない、という性格も兼ね備えている。

 高校2年秋から3年の夏まで、クラブの新聞部長だった。2ヵ月に1度ずつ校内新聞を発行する直前には、自宅で何度も徹夜して原稿を仕上げ、見出しを考えて割り付けもした。母親はようやく受験勉強に励む気持ちになってくれたかと勘違いし、やれ夜食だ、眠気覚ましのコーヒーだ、と気を遺った。

 父親が交通事故で入院したときは、授業を休んでけなげに家業の本屋の配達を手伝った。だが、作業が終わると仲間たちに会いたくなって、放課後に新聞部へ顔を出して活動した。一度、放課後に担任の先生と廊下で出食わしたときは困った。「授業を休んだのに、いまなぜここに居る?」と詰問され、返答に窮してしまった。

―――つづく=毎週水曜日に更新します

駿河台の記者たち③

駿河台の記者たち[3]

長瀬千年・作

 

プロローグ

 志朗たちが降りた東京行き快速電車は4番線ホームから離れ、線路下に神田川が広がった。上京した志朗が、最初に魅せられた情景の1つだ。今でこそ神田川と呼ばれるが、その昔は江戸城の外濠である。駅名に残った〈御茶ノ水〉のとおり、そもそもは茶道に使われた名水を湧出していたのだ。

 そう考えると、昼間でもときに夢と現(うつつ)の世界を浮遊する志朗の頭だから、今度は江戸時代のお女中姿なども現れてきて、好きな大江戸の世界が膨らんでくるのである。そんなとき、神田川の対岸左方向のおなか部分から、丸っこい赤い模様の電車がヌッと顔を出し、川に架かる短い鉄橋を渡って国鉄側の線路の下に消えた。志朗は一瞬、お濠端で華やぐお女中らの浮世絵の世界を、20世紀の電車が音もなく通りすぎたような錯覚に陥った。
Read more

駿河台の記者たち②

駿河台の記者たち[2]

長瀬千年・作

 

プロローグ

 東京行き快速電車は、左真下に神田川を望む4番線に着いた。右内側は千葉方面へ、その向かいホームは中野と結ぶ鈍行の総武線。さらにもう1本奥のホームは、中野と三鷹方向に進む総武線鈍行と中央線の快速である。それぞれの電車から降りた乗客が、反対側の同じホームでそのまま、同じ方向に進む電車に乗り替えられる仕組みなのだ。

「さすが、大東京」

 田舎からぽっと出の志朗は、直感的に御茶ノ水駅の機能性を見て取った。

Read more

新入部員大募集!!

中央大学新聞学会では学年・学部を問わず新入部員を随時募集しています。

興味のある方は記者募集ページをご覧になった上でご連絡ください。

中央大学の学部生であればどなたでもウェルカムウェルカム~♪

連載小説「駿河台の記者たち」  いよいよスタート!

 新聞学会OBの長瀬千年さんの小説「駿河台の記者たち」のWEB連載が始まります。舞台は1960~65年ごろの中央大学。新聞学会の記者たちの慌ただしい日々を中心に、当時の大学や社会の様子をいきいきと描いた物語です。毎週水曜日に新聞学会のホームページで更新します。

————————————-
著者紹介/長瀬 千年(ながせ・せんねん)

 岐阜市生まれ。岐阜高校卒、中央大学法学部政治学科を卒業後、1965年に北海道新聞社に入社。学芸部、社会部記者、編集委員として国内外を取材。2001年に定年退職。現在は北海道北広島市に在住。地域くらしistとして、地元で大志さくら会などの活動をしている。

 主な著書に「3人8脚さくら前線にっぽん旅」(柏艪舎)、「我々の昭和町」(岐阜新聞社)、「十勝人」(北海道新聞帯広報道部編)、「北海道発地球新街道4万キロー北緯43度圏を走る」(北海道新聞社編)ほか。

駿河台の記者たち①

駿河台の記者たち[1]

長瀬千年・作

 

 かつて中央大学は、東京・神田駿河台にあった。この物語は1960~65年ころ、中央大学新聞学会の記者たちが、学内外とどう関わって活動したか、終戦からほど近い東京を投影して綴った創作である。

アプローチ

「まもなく御茶ノ水~」

 国鉄中央線の中野駅でオレンジ色の東京行き快速電車に乗り込んだ流志朗(ながれ・しろう)は、車掌がアナウンスしたく御茶ノ水〉の響きに、得も知れぬ幸せを感じた。高校まで過ごした岐阜県から東京の大学に進んで、 この日からいよいよ授業開始。天にも昇る夢心地で学生生活を始めたばかりなので、当然かも知れない。

Read more

司法試験合格者 119名

法務省は、2017年9月12日に平成29年の司法試験合格者を発表した。本学法科大学院は、455名(前年比7名減)が受験し、119名(同17名減)が合格した。
本学法科大学院の合格者数は、全体で3位(昨年4位)で、合格率は10位(同7位)だった。
 全体では、5967名が受験し、1543名が合格した。平均合格率は、25.86%で、昨年より2.91ポイント増えた。
Read more

第51回白門祭 熱狂の5日間

第51回白門祭が、11月1日の前夜祭を含め、5日まで、5日間の日程で行われた。来場者は万人(白門祭実行委員会調べ)だった。
Read more